【ランキング】格安ですぐ届く!クラスTシャツはこれ

クラスTシャツが活躍するときとその効果

 文化祭など、クラスで活動する行事では、制服ではなくみんなでおそろいの服を着ることがあります。その時に、気軽に着られて、誰が着ても似合うという意味で、Tシャツは最適です。制服にも言えることですが、誰もが同じいでたちをすることで、一体感が生まれるという効果があります。そのため、文化祭などで使用する場合には、例えば青いTシャツといった具合に決め、それぞれが異なる青いTシャツを持ち寄るより、思い切ってクラスTシャツを作った方が、みんなの一体感は高まると考えられます。青いTシャツといっても、青という色に対する認識は人によって異なりますし、群青色から浅黄色まで、広い意味で青いTシャツと捉えてしまったら、クラス全員が同じ青いTシャツを着ているとは言い難い状況になってしまうでしょう。

 クラスTシャツをおそろいで作るにあたって色だけを統一するのであれば、インターネットサイトでの注文で、あっという間に納品してくれます。けれど、せっかくみんながおそろいを着るとなれば、色だけでなく、何かオリジナリティーを持たせたいところです。文字を入れてもらうなら、一文字いくらで値段が高くなりますので、どんな文言を入れるか慎重に考えないといけません。あるいは、何かワンポイントになるイラストを入れる場合には、すでにできあがっているデザインから選ぶ場合もあれば、オリジナルをメールや専用フォームで送り、印刷してもらうこともできます。同じ色のTシャツを人数分だけ買うよりも、確実に高くはなりますが、この世に一枚だけのオリジナルのクラスTシャツになることは間違いありません。

 同じ目標に向かって頑張るために、文言やデザインを工夫すると、それを着用しているクラスのみんなを見ることで、自分も発奮できるという効果を生み出します。同じ格好をすることにより共通意識が芽生えやすくなるのも、大きな特徴といえるでしょう。この共通意識は制服にもあることですが、普段は制服を着ているだけに、この意識はどうしても薄れてきます。そんな時に、特別に作ったクラスTシャツを着たら、気持ちの上で劇的な変化を生み出すことも稀ではありません。そういう意味では、衣装に似ているといえそうです。枚数が多くなれば、一枚当たりの単価が下がりますので、その意味でもまとめて作るのがおススメです。後から追加するとなると面倒ですので、何枚か余分も考えて注文すると、足りなくなって後から作るよりも経済的かもしれません。

次の記事へ

PAGE TOP